副業に大事な条件とは?

副業に大事な条件とは?

サラリーマンは通学、残業などと時間を奪われてしまうことが多いです。そのためなかなか決まった時間、決まった場所で仕事をすることが難しいと言われています。

そこで注目されているのが、在宅での副業です。リモートワークで仕事がコロナ渦で発展しているのも相まって注目されています。

しかし、在宅での副業なんてあるのか見ていきましょう。

ブレイキングプロジェクトで
不労取得・権利収入を!

在宅ワークとは?

昔、内職という言葉があったのですが、それと在宅での副業はどう違うのでしょうか。

在宅ワークとはなにか?

在宅ワークは、雇用されずに個人ビジネスを在宅で行う仕事と言われています。時間管理や仕事のペース配分なども自分の自由なのです。

個人ビジネスだから、自己責任の要素が強く、労働関連法令で保護されていないのが特徴になります。

基本は自己責任のよるビジネスになりますね。

内職とはなにか?

内職は、法律の規定によって、最低給与や安全面、衛生面の保証などがある働き方であり、雇用形態の労働者として働くことになっています。

規定などが細かく定められています。労働基準監督署の目が光っているので、業者も働く人にあまりに不利な労働をさせることはできません。

ある意味、企業でのテレワークに似ていますね。

在宅ワークは儲かるの?

よく言われているのは在宅ワークは儲からないということです。クラウドソーシングで募集を見てみると効率が悪すぎてお小遣いにもならないと思われます。

平均で見ても19万以下の収入の方が全体の60%くらいいるのでデータでみると稼ぐのは難しいと思われます。

しかし、50万以上を月で稼いでる方は全体で10%弱います。これはしている仕事が違いすぎるからという結果であると読みとれます。

この金額は一般的な会社員の月収の2倍~3倍ですので、在宅ワークでもしっかりと効率的に稼げるということが証明されていると言えます。

つまりブレイキングプロジェクトをやれば上澄みの10%になれるということを証明していると思います。

在宅ワークのメリットは?

ブレイキングプロジェクトにも繋がるのですが、在宅ワークのメリットと呼ばれるのは下記になるでしょう。

・在宅なので、移動時間のロスを減らせる。

・自宅でスペースが確保できれば行える仕事なので、転居した場合にも、続けられる仕事が多い。

・一人で作業するので、黙々と作業をすることが好きな人には向いている。

サラリーマンの仕事とは違うので、気持ちを切り替えてやれるのは大きいと思います。

ブレイキングプロジェクトで
不労取得・権利収入を!
TOPページを見る