ブレイキングプロジェクトで早期リタイア

ブレイキングプロジェクトで早期リタイア

定年を待たず、早期に仕事を引退して、ゆっくり暮らす。

そんなライフスタイルに憧れる人から注目されているのが、経済的自立と早期リタイアを意味するFIRE(FinancialIndependence,RetireEarly)です。

従来の早期リタイアが貯蓄や退職金などを取り崩しながら生活していくのを基本とするのに対し、FIREは投資で得る収益で生きていく、という違いがあります。

ブレイキングプロジェクトでこのFIREができるのかそこを確認していきましょう。どれくらいの不労所得があればリタイアできるのか参考になるはずです。

ブレイキングプロジェクトで
不労取得・権利収入を!

どれくらいお金があればリタイアできる?

では、具体的に早期リタイアするためにはいくらの資産が必要なのでしょうか。考えていきましょう。

必要な額はどうするのか

早期リタイアのために必要な貯蓄額として、FIRE実践者の間で一つの定番となっているのが「年間支出の25倍」です。これは年齢に関わらず共通の指標となっているようです。

総務省による家計調査の消費支出ですと年間では299万6,448円となっています。FIREの目安である25倍を掛けると、約7,500万円という金額となります。

現実的か現実的ではないかは絶妙なところになっていますね。

軽く働きながら生活

FIREが特徴的なのは、経済的自立のためにお金持ちになることがゴールなのではなく、あくまで豊かな人生を楽しむことが目標とされています。

豊かさの定義はそれぞれですが、必ずしも1億円を40歳までに貯めて引退する、という凝り固まった目標が設定されているわけではありません。

そのため広義の経済的自立という意味で、自分の好きな副業をしながら収入を得る「サイドFIRE」や、気の合う仲間がいる職場に週1~2日だけ短時間働きに行ったりする「バリスタFIRE」など、色々なタイプのFIRE実践者がいるようです。

こう考えていくとぐっと金額が変わるので考えてみるのかもありかもしれませんね。

まとめ

FIREが定義する早期リタイアは、一部の才能や運に恵まれた人だけの特権、というイメージとは少し様相が異なります。

完璧をめざさず、場合によっては副業やパートで自分の好きなことをしながら働いたり、ライフスタイルを見直して生活コストを下げていくのもありかもしれませんね。

FIRE実践者に共通するのは、早期リタイアのためには収入を最大化するだけでなく、その近道として資産運用の重要性を指摘している点です。

だからこそブレイキングプロジェクトは確実にぴったりとなりますね。

ブレイキングプロジェクトで
不労取得・権利収入を!
TOPページを見る